Tokyo Zombi

映画の感想を書きます。全米の週末ランキングもまとめてます。

ScreenX(スクリーンエックス)を体験しました!おすすめの席も紹介します

f:id:tokyozombi:20170803100233j:plain

お台場に「ScreenX」というスクリーンができたのをご存知でしょうか?
従来の正面に加え、左右にも映像を投影した3画面上映のシステムなのですが、4Dに続く新感覚の映像体験が味わえそうで、導入決定の情報が出てからずーっと楽しみにしておりました。

記念すべき日本初上陸の公開作品に選ばれたのが『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』でして、なんとじぶんはシリーズ未鑑賞のままチャレンジすることとあいなりました!笑
「ScreenX」で鑑賞した感想と共に、おすすめの席も紹介したいと思います。

想像以上の臨場感&没入感!!

さてさて、まずは期待の臨場感・没入感ですが、これは想像以上と言って過言ではないですね。
イメージとしてはいつものスクリーンが三面鏡になってる感じかなと思っていたのですが、左右の壁の後ろまで映像が、つまり天井と真後ろ以外の壁すべてに映像が投影されているので、映画の世界の中に入る感覚は3D以上のものがありました。

料金は大人2500円!ちょっとお高い気もしますが「4DX」(2D)の2800円と比べてどう感じるか、ですね。
個人的には「4DX」よりも断然「ScreenX」派です(4Dは疲れちゃうので…笑)。今後は「IMAX」か「ScreenX」かで悩むことが増えそうです。
好きな作品ならどっちも観ると思いますが、特に思い入れのない作品なら「ScreenX」を優先するかもしれません。それくらい新感覚で楽しかったです。

f:id:tokyozombi:20170706220941j:plain
↑ 入口は左側のみ。左右の壁上部に4つの映写機があり、反対側の壁に映し出す仕組みです。意外に単純!?

『パイレーツ~』ではもちろんありませんでしたが、箱型ということでカーアクションが活きそうな気がします。
正面にはフロントガラスからの視点が投影され、左右にはドアガラスからの視点が映されれば、まさに自分が運転しているかのような感覚を味わえるわけです。

音での演出効果による刺激も増大していて、今までは「後続車に抜かれるピンチ!」の表現を、わざわざカメラを横に動かすかカットを変えていましたが「ScreenX」なら左右のスクリーンにまさに追い抜かんとしている車を映すことができ、ドライバーの緊張感をよりリアルに共有できるのです。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は「ScreenX」でどう楽しめる?


「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ScreenX予告

本作では常時3画面というわけではなく、正味30分ほどがCGや撮影素材を用いて拡張されたらしく、ここぞ!というタイミングで効果的に使われてしました。
たとえば海上のシーンでは、広大な海と迫りくる海賊をダイナミックに描き、まさにじぶんもその場にいるかのような臨場感でした。

意外な効果では、3画面時の視界が開けることによって、1画面時とのギャップが生まれる点ですね。
暗く狭い部屋から外の世界へ飛び出せば、視界が広がると同時に世界がより広大に感じ、逆に広大な海を観てからだと、その後のシーンでの牢屋がいつもより狭苦しく感じられる、みたいなことも味わえます。

おすすめの観やすい席を紹介!

f:id:tokyozombi:20170803104528j:plain
上の画像でオレンジの枠内が観やすい席、そして赤枠内がベストと思われる席です。
左右の映像は最後列まで伸びているので、前のほうで観ると視界から見切れてしまいます。視野を広くとって全体を観たい場合は後ろ(K・L列)、視界全体で映像をとらえ映画に入り込みたい場合は中央(G・H列)がいいと思います。
左右のバランスを考えればもちろんスクリーンの真正面がベストなので、16付近の席が確保できれば最高ですね。

いろんな可能性が見えてきます!

今後の展望としては4Dとの連携が候補に挙がっているでしょうね。
映像と音での没入感は「ScreenX」でかなり拡大したので、そこに動きが加わったら…と思うとかなりすごい体験となりそうです。正直過剰な気がしますが…笑。
そうそう、映像が傾くような演出があったのですが、館内全体が傾いたかのような錯覚を味わえます。座席の動きが加わったら酔ってしまう人が続出しそうです。

ユナイテッドシネマお台場での課題としては、左右の映像投影範囲内に非常口があるので、もう少し大きな箱にして邪魔にならないようにしてもらいたいところです。
それから座席が他のユナイテッドシネマに比べて小さくて硬いという点もつらいところです。本作は2時間半もあったので余計に疲れてしまいました。

f:id:tokyozombi:20170706221208j:plain
↑ 左下の光は非常口のランプ。上映中は消えますがそれでも目立ちます…。

その他の公開作品!

9/1公開『新感染 ファイナル・エクスプレス

ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如として発生した、謎のウィルスの感染拡大によって引き起こされる恐怖と混沌を描いた韓国製サバイバルパニックアクション。
狭い電車内での閉塞感や、迫りくるゾンビの圧迫感が表現されていました。パノラマっぽく使用して『300』のように魅せるシーンも大興奮。さらには「周囲から向けられる敵意」の表現にも利用されていて斬新さを感じました。

10/7公開『オペレーション・クロマイト

新しき世界』のイ・ジョンジェらのほか、『96時間』『シンドラーのリスト』のリーアム・ニーソンも出演し、朝鮮戦争の局面を一変させた、ダグラス・マッカーサーの指揮による「クロマイト作戦(仁川上陸作戦)」を描いた韓国製戦争アクション。