Tokyo Zombi

映画の感想を書きます。週末ランキングもまとめてます。

2017年上半期に観た新作映画オススメ8選

今年もあっという間に折り返し。

豊作といわれてた昨年にも増して、今年は大豊作だと個人的には思っています。

というわけで、悩んだ結果「8」というハンパな数字になってしまいました…笑

どれもこれもよかったので、特に順位はつけておりません。

ラ・ラ・ランド

嗚咽をがまんする映画は久々でした…。まさに“夢をみていた”のですよ!

普遍的な夢と恋のお話を、往年の作品へのオマージュをふんだんに取り入れたミュージカルで描く。これはもう間違いないでしょー!٩(๑´0`๑)۶

観賞後にこれでもかと感想を語り合いつつ泣き、予告編を見返しても泣けてしまうというね。数年ぶりにサントラも買いました。

それぞれに夢を持ち、ただ人並みに恋もしたい。ときにはなにかを犠牲にするときもある。諦めても良いんだって言い訳を持とうとすることも…(。ŏ_ŏ。)

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

前作からの期待値を裏切らない出来!これもまた踊れる映画のひとつ♪

テンションの高さを維持しつつも、父と子・姉と妹・友と友・男と女…、それぞれの関係を見つめなおすテーマを内包しており、思いのほかハートにズンズン響いてくる…!

爆笑したのちにウルッとしちゃう、長いようであっという間の幸せな時間でしたよ。

色味のセンスや奥行き感が抜群に味わえて、IMAXの真価を存分に堪能できました♪

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

 

 

ハードコア

FPSはおろかゲームをすることがそんなにないので、(じぶんも酔っちゃうんじゃないかなぁ)なんて思ってましたが、運よく酔わずに済みました。

それに加えて、もともとバイオレンス映画が好きですし、ストーリーの粗も別の要素でアガれれば許せちゃうタイプなので楽しめたのだと思います。

音楽も最高なんですよね♪ とくにクイーンの『Don't Stop Me Now』なんて曲だけでもテンション上がるのに、シーンとの同調で観てるこっちまでアドレナリン全開で笑けてくる。

シャールト・コプリーの妙なキャラクターもだーいすき。彼がいなかったら面白味も半減したことでしょう。

 ↓ 海外ではすでに発売済みですが日本語字幕は未収録です。

 

パトリオット・デイ

いやぁ、期待を超える興奮と感動を味わうことができましたよ。

凄惨な爆発現場や迫力ある銃撃戦を描きながらも、人々の心情にフォーカスを当てた描写が涙腺を刺激するいい映画でした!

エンタメ映画としても、爆発が起こるまでの緊張感や、すぐそこに死の迫る絶望感、そして銃撃戦の臨場感など、数々の見せ場が続き、手に汗握りスクリーンから目が離せませんでした。

描写されていることの正確さはわかりませんが、Wikipediaでは表しきれない人々の感情や幸せな生活を描くことで、それらを脅かし、奪ってしまう愚かな行為に怒り心頭しましたし、警官や一般市民にも犠牲の出る危険性が常につきまとっているので、ずーっと心拍数が上がりっぱなしでしたよ。

↓ 同監督・同主演のこちらも緊張感があってすきです!

 

メッセージ

突如現れた“ばかうけ”に立ち向かう人類たちのお話。

SF映画の新たな金字塔になるか…まではわかりませんが、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の次回作『ブレードランナー 2049』への拍車はかかったんじゃないでしょうか。

正直『2049』がこれを超えられるか、難しいんじゃないかと今から思っています。

宇宙人の言語の解析をしているシーンもおもしろくて、なんかワクワクしてくるんですよね。

宇宙人との面会時間も限られているので、一歩ずつしか進められないことが序盤はドキドキを煽り、後半は焦りを生みますね。

そしてアート的なビジュアル+BGMの神秘性にも陶酔できてよかったです。

↓ 2009年製作の同監督作。「未体験ゾーンの映画たち 2017」を経てソフト化です。

静かなる叫び [Blu-ray]

静かなる叫び [Blu-ray]

 

 

トリプルX: 再起動

脳筋ここに極まれり!たまにはこういうのが観たくなるんですよ~。頭空っぽにして楽しみました♪

少年漫画っぽいキャラ紹介のインサート、ヴィン・ディーゼルドニー・イェンの早々の見せ場…。

理屈を抜きにして勢いとかっこよさを追求することの気持ちよさったらないです☆

あまり見ることのなかったドニー・イェンのニヤついたドヤ顔を何回も堪能できます!笑

瞳をキラキラさせてて少年のよう…ステキ!!ヤボなツッコミもマッスルパワーで吹き飛ばす!そんな映画でした♪

 

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

この世で最もパンの売れ行きが気になる映画…!

「ミサイル攻撃の決定権がたらい回しにされる」という情報だけで観たので、泣くような感じじゃないと思ってたらまんまと泣いてました(。ŏ_ŏ。)

後半はこの上なくスリリングな展開が続きますが、正直いうと結末は予想外でしたね…。

会話がメインの映画なので退屈に感じるひとも多そうですが、じぶんは終始緊張感を堪能しました。

 

キングコング:髑髏島の巨神

ドあたまからエンドロール後まで最高でしたー!٩(๑´0`๑)۶

なかなか怪獣が出てこない、みたいなことはなく、オープニングからそのご尊顔を拝めますし、いざ島へ!→予告編のアレ、って感じでウホホイ♪

どうなの?ってとこは、おあいそでしか笑えないコミカルなシーンくらいで(ボブルヘッドがめっちゃ揺れるのってアメリカ人ウケるの…?)、ほか大満足なので続編が楽しみです!

 

他、次点といたしましては…

などがお気に入りです。

 

7~8月の鑑賞予定作品は…

などです。驚異のワーナー率!笑